さて、今年の走り納めになる予定でございます。

ロッソ橋本先輩が、ついにインテグラに乗るってことで、、、

「いやっ。いくらなんでも、しょっぱなから勝たせてはならん!!」

と、意気込みもあったのですけども・・・

↓↓↓リザルトはこちら↓↓↓
http://www.jmrc-kyushu.gr.jp/dirt/2013/2013drit_kyusyufes_result_1201.pdf

2秒半ほど負けてしまったわさ・・・えらい離されてもーた・・・orz

うーん。こりゃ、先輩には、与えてはいけないものを与えてしまったのかもしれぬ。

で、見かけなかったので居ないかと思ってた今井くんが、動画を撮ってくれてた様子。

では、比較してみましょ。

まずスタートから駆け上がってからの最初のターン。

ここ、やや行き過ぎたので、先輩のが早く出口へ現れる。

どうも、フルブレーキングが上手くいかない・・。

だら~っと続く左コーナーは、僕のがラインが大きめ。

そこからの入れ込みの立ち上がりから、なんの木ターンまでも若干ライン違うかな。

ここらへんは、失速をできるだけ避けつつ、なんの木ターンまでは距離を短く稼いでるからOK。

前半セクション終わりのターンで、先輩が振りすぎでやや失速。

ここ抜けるところでは、今んとこ5分5分で、山側へ。

この日の山側は、かなり難易度が高かった。毎回、この区間は様子が変わってるんだけども、今日のは難しい。

オー・ルージュの入り口は、最悪ドアンダーで失敗しても、向こう側が広いから思いきっていけるんだけども、この日は・・・。

ライン狭っ!!!

イン側は掘られてるし、外側は土壁が盛られてるしで、アンダー出したら即激突って感じで、気を取られすぎた。

でも、ほんとにミスったのは、いつもなら当たり前に全開のS字区間。

思い切ってベタインの左の轍にがっつり落としたら、スピードが速すぎて轍に収まりきれずに、車が跳ねて飛び出してしまった。

30センチくらい掘れてても飛び出すときは、飛び出るのね・・・。轍外して、1車線外から行くべきだったか・・・。

登って下って、ジェットコースター飛び出してくるところで、先輩に1秒置いてかれてるかな。

で、そこからのフルブレーキングで、またもミス。さよなら確実なオーバースピード。

下りで思ったようにノーズが入らず、アウトに出すぎた。

細かくハンドルで修正してブレーキかける前に、姿勢を戻そうとしてる間にコーナーきちゃった感じ(笑)

ここで2秒喰って撃沈終了。

最後のターンは、920への約束通りに、ドアベタでくっついたので、ここは速かったとは思ふ。

さあ、気を取りなおして、来年の準備にかかろう。

 

↓↓比較動画URL↓↓
https://www.facebook.com/photo.php?v=181870638675287&l=7350750209513296317