IMG_0825

 

これまでにコカした車はこんな感じ。

・CA4Aミラージュ(ホワイト)
はじめて購入したCAミラージュ。若宮で伝説のデビュー戦の後に名義変更して、次イベントで転倒。解体行き。

・CA4Aミラージュ(青)
ブルーに塗られたCA4A。ミラージュのレースとかやってる岡山の気のいい方が8万円で譲ってくれる。1年半くらい乗ったところで、若宮で再び転倒。

・アルトHB21
結婚しちゃって子供もできて、安価にダートラを続けようとCJ4Aを売って乗り換える。首藤さんが乗ってた2型のワークスRで超気にってたんだけども・・・。
Jr戦で優勝するも、そのあと練習走行して、トイレコーナー逆走で、まさかのGコケ!!こいつもわずか2戦で廃車。
って、感じでこれまでの転倒車は、みな廃車。まあ、直すより買ったほうが安いって感じの車でしたからね。

じゃ、この度、大事で高価なDC2をこかしちゃったんですよ。

「そりゃ、直すっきゃないでしょ!でも、金はないっしょ!(笑)」

そう。自力でこいつを復活させちゃえろうやないかっていうプロジェクトは始動した。予算は1万円だ。

IMG_0834

が、フロントガラスの取り外しに失敗し、結局、新品お買い上げでこの予算はのっけから崩れた(笑)

IMG_0871

ハンマーだけで板金を元に戻してしまう職人もいるときき、慣らしハンマーなるものを購入。天井は、かなりのレベルまで叩きだしに成功した。

荒は、いっつも工具箱に入ってるハンマーでガシガシといったが、ハンマーの角があたると、ニキビみたいにポコッっと出てくる。ゴムハンマーなるものを持ってると、もっといいらしい。これから転倒する人は参考にしてくれ(笑)

Aピラー部分は、さすがに出ないので、あえて叩いてつぶした。ドアに合わせて形を作っていったら・・・。なんじゃこりゃってピラーになってもぉーた。もはや、そうめんが流せそうなAピラー。

圧塗りパテが届いたので、こいつを全埋めすることに。10mmくらいは圧塗りでいけるよーと書かれているが、実際には50mm以上盛る必要がある(笑)

地道にミルフィーユのように重ねて盛っているうちに、ここまで戻ってきたよ。

IMG_0950

運転席側のドアが閉まるところのフェンダーは一番やっかい。叩くにたたけない箇所になっていて、これ以上出てこない。

結局、ここはパテで埋める・・・。いや、造ることにした。もはや穴埋めではない。造形だ。

IMG_0918

IMG_0919

IMG_0959

IMG_0922

まあ、調子よく書いているけれども、タイラップとったら、車バラバラになるんじゃないかってくらいな箇所もある。メンバーがフェンダーでとまってるみたいな(笑)

まだまだ、先は長いが、とりあえず、この状態でもすでに1戦走ってきた。2本バーストで何頑張って治してたんだろうって終わり方だったが・・・。

 

もちろん、続く。

IMG_0887