「落としてはいけない戦い」2015九州ダートトライアル選手権第5戦

地区戦の5つ目です。

さて、折り返しですが、振り出しとも言える大事な1戦です。

ロッソ先輩に獲られてしまうと、有効ポイントでは逆転されてしまい苦しい展開になる。

ここは、なんとしても勝つべきとこですが、翌週にはタカタもあるので、車は壊したくない。

朝の見た感じの路面で、A053をスタンバイして準備。

金曜日までの雨で完全にドライ路面とはいかず、使えそうなラインを探しながら歩く。

けれど、歩いてる途中でちょっと嫌な予感・・。

歩き終わって再びA031へと履き替えることに。

ほんとは、こういうときは15インチの031ほうがいいのですが、前回から14インチに戻してます。

理由は、深いので省略。一番いいのは両方持ってこれるがいいんだが(笑)

スタートラインが近づく間も、やっぱり053だったかなーと悩む。

前でスタートした先輩の砂埃で全く前が見えやしねー。余計に悩む。

そんな時、事件発生・・・。

スタートフラッグが用意されたのだけれど、スタートを慌てて拒否・・

なんか、、いま、、ロッソ先輩が、、ひっくり返りましたけど、、。

気を取りなおしてといきたいところですが、なかなかコレが上手くいかない。

●1本目

いざスタートして、まずは最初の右でいきなり戸惑う。

うーん。歩いてた時も、完熟走行んときも掘れてなかったのに、今ズボズボじゃなかった?

下段左周りも、全然荒れてる・・。イメージどおりに入れずに失速。ローギアに入れ直して立ち上がるがあきらかに遅い感じに。

裏側をガッツリ踏んで登りまで行ききったが、下りに入るとさきほどの転倒がよぎる。

「もしかしたら、、ここ、なんかあるのかも、、、」

ちょっと抑え過ぎな感じもあるけれども、残りの後半セクションも無難に走りきった感じ。

ところが、これが、大先輩の大坪さんから、2秒弱離されるまさかの展開に・・。

●2本目

前半ゼッケンが1本目よりもタイムを上げてくるのはないかもしれないという予測。

とりあえず、大坪さんを抜くには1本目よりも、2秒上げが条件。

歩き終えてしばらくもA031を履かせたままにしていたが、今井くんが053で行くべきだと言い始めた。

どうしよう・・・。

確実に20ポイントとっておきたいので、A031で裏側を頑張ってくればいいのだけれども、リスクもある。

2本目のうねりの中で頑張ると、バーストに遭遇する可能性は高し。

A053で裏側を踏み切りで帰って2秒稼ぐほうが確実なのか?どうしよう。

翌週のタカタのために、053も本番で履いておきたいところ。セッティングの成果を知りたいし。

スタート10分前、急遽A053へ履き替える。

予想どおり、タイムアップせずに帰ってくる前走車。

といっても、私も5台目・・。行けるか?

最初の右は確実にこなそうと早めのブレーキングで、ローまで落として、インのいいとこだけで走る。

下段左周り、ここで足元喰われて加速にしくじると、作戦がパー。

最短のおいしいラインから、ぬかるみ出口まで、ローギア全開で抜けきって、シフトアップ。悪くはない。

裏側。

今日の課題とも言える、高速S字のアクセル全開。

ただ、実際には、朝のA031でも、すでにイケていたので、もうへっちゃら。

A053だと、なーんも怖くない。ここ3週間のセッティング変更の成果だね。

まあ、いつもより、うねりも少なかったからかもしれないけど・・。

オールージュ進入もしっかりと決まったので、登りきる手前でギャップで大外まで飛んでくほどに速度も乗った。

ジェットコースターは弾かれてラインから外れてしまったが、速度は文句なし。ロスは小。

多分、ここまで1本目より2秒ほど速くきている感じで、残りの後半セクション。

ただ、ここからがキツかったー。

最初の右の入りから、ゴールまで、ずーっとタイヤがグリップしないし、トラクションかからない。

右の立ち上がりで慌てて、インのいいラインをとって、もっかい右から慌てて2速までいれて、ゆるーく周っていくとこで回りきれずに、飛び出してもーて、またローに戻して、

そっからもグリップしないから2速にいれらんないしの、ハンドルから手ぇー離せないじゃんてきな感じで、気がつきゃ最後のシケインなんだけど、ここがまた散水でズルズルの、最後は危うくって感じの場面を左足使ってなんとかごまかしてゴールライン。

もうバラバラ(笑)

それでも、走りきれてるからイケたかなーと思ってたけど、残念、届かず。

●まとめ

僕は、常日頃から、メジャーリーガーのイチロー以上に香浪会のおじさまたちを尊敬していますので、大坪さんには、心の底からおめでとうございますです。

やっぱ、いくつになっても現役選手ってのは超カッコいいな。夢がある。

ここで20ポイントは絶対に取っておかなければいけなかったのですが、僕も目一杯踏んでたんで、今回は惨敗です。

先輩、転がっちゃったのをチャンスと言ってはいけないのですが・・・。

そーいや、グッチパパに、この前言われたなー。

「今日は勝てるって思ったときに、勝てないヤツはまだ3流」

スポンサーリンク

関連記事

no image

いざ!恋の浦ダートコース!祝ドラシャ破損第1号(笑)

先日の日曜日に恋の浦を下見してきました。 ダートラで来るのは、もちろんこれが初めて。 前に来たのは

記事を読む

no image

九州ダートトライアル選手権第7戦。連続猛暑日から~の・・・。

いやー。一体、何日続いてくれるんだこの猛暑日・・・。 と、思っていたのに、なぜか雨にあたる今年のダー

記事を読む

no image

2013年「九州ダートトライアル選手権第3戦」 その1

今年の1月に三井が無くなることを知り、慌ててライセンスを取るためにクローズドで出走。 2戦目からN1

記事を読む

13962554_505514089644272_869366533466332087_n

なぜか74使うと完走できない男・・|2016九州ダートトライアル第7戦

気がつけば2週間も経ちましたが・・。第7戦。 さて、結論から申しますと、、。 な

記事を読む

no image

九フェス前に中年太り対策を

さてさて、ワンズターン忘年会も終わりました。 今村チャンプ・・。いや、今村元チャンプの隣で、飲みの席

記事を読む

no image

「ありがとうモビリティ大牟田」2013九州ダートトライアル選手権第3戦 その5

今日1番のベストショットはやっぱりコレでしょう。 ずっと、三井の世話をしてくれた江口さんを胴上げする

記事を読む

IMG_1082

2014九州ダートトライアル第6戦 「いや~。離されたもぉーたね」

  リザルトは↓↓ http://www.jmrc-kyush

記事を読む

IMG_1517

2014九州フェステイバルin恋の浦

結局、四国のことをうだうだと書く時間もないままに、九フェスを迎えてしまったよ(笑) 車に触れる

記事を読む

IMG_0114_thumb.jpg

九州ダートトライアル選手権第4戦 嵐の中でついに幕が降ろされた恋の浦!

先日の練習で、かなりのアドバンテージを手にしたさくさく。 「へへっ。コソ練しちゃったし、今日は

記事を読む

takata

「やれることをきっちりとやらないとね・・」2015全日本第4戦タカタ

タカタ。そう、そこはダートラの聖地。 俺はあえてこう呼ぶ。「パイクスピーク!」

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑